« VULCANIZ | トップページ | THE WHO »

2009.04.05

My favourite songs Vol.10

昔のバンドメンバーに僕の「おしゃぶり」と言われる程、大好きなU2「Rattle and Hum(魂の叫び)」。ビデオを擦り切れる程見ていた。
U2・・・・誰もが知るバンド。彼らの人気を決定づけたアルバム「The Joshua Tree」のアメリカ・ツアーのドキュメンタリー映画がRattle and Hum(魂の叫び)」となる。1988年に日本でも公開され翌年にはグラミー賞最優秀ロック・グループ受賞を果たす。まさに絶頂を迎えるように見えたが、その後1991年に新作『アクトン・ベイビー』 (Achtung Baby )を発表する。前作「The Joshua Tree」があまりに成功を収め、優れたアルバムだったのを彼ら自身コンピューターサウンドなどを大胆に導入しダンスミュージック的な要素を入れ、あえて前作までの流れを打ち消したアルバムを制作してきた。当時はかなり批判されたようだが、今の彼らがあるのは、あそこで今までスタイルを捨てたアルバムにチャレンジした成果じゃないかと個人的には思う。まさに「change is good!」

おしゃぶりの「Rattle and Hum(魂の叫び)」はまたその内にこちらで紹介しますし、今度ウチのPUBで鑑賞会を開くとして、今回は「アクトン・ベイビー」に先行して発表されたシングル「The Fly」を今回はどうぞ!今見てもカッコいい!
最初見た当時は驚いた。全く今までのU2とは違っていたもんね。

それとボノのサングラスが今では普通だけど当時としてはめちゃデカくて「なんじゃ〜!?」と思ったけど時代の流れはそちらへ・・・・今でもデカサングラスは定番だもの。
1991年かぁ〜。ついこの前のような気がします。わ〜!歳だね。(笑)

U2/The Fly From the album: Achtung Baby Dublin/London  1991

|

« VULCANIZ | トップページ | THE WHO »