« GREEN!GREEN! | トップページ | NEW TOTE BAG »

2009.03.18

technology

本日は朝からOAKLEYの商品セミナーが開催されるとの事で、バイクで街中の会場へ・・・春を感じさせる陽気でバイクを走らせるのがとても気持の良い季節。

やはりOAKLEYといえばサングラス・・・彼ら的には「アイ・ウェア」。
Dsc06313 小さな会場だったが、かなりの参加者で、みんなマーケティング担当者の話を真剣に聞き入っていた。
OAKLEYの、その恐るべきテクノロジーは、単にサングラスという領域を超え、「目を守る」という事の難しさと、その知られざる影響力を徹底的に追求している。
Dsc06318 今回は実際にテストできるよう機器を用意され、まさにその歴然たる他社との商品力の違いをまざまざと見せ付けられた。
サングラス=単なるファッションと捉えるのではなく、それがもたらすあらゆる影響を高次元で解決・提供する。そしてファッション性も・・・・

Dsc06319 この500gも鋭利な鉄の塊(結構重い!)を130cmの高さからレンズに落とし割れないというテストを実際に見せてもらった。さらに担当者はレンズを地面置き踏みつけたりと、高い耐久性を実証してみせた。
直径6.35ミリの鋼鉄製の弾を時速164キロでエアガンから発射してレンズに当てるテスト。
Dsc06325 その結果のレンズが左の画像で、決して割れることは無い。
それは、LAの警官が犯人から不意に銃撃されてレンズが割れず命を取り留めた映像から、アフガンにて爆風を浴びながらレンズ以下は傷だらけだが、それより上は全くの無傷などショッキングな画像が続いた。

Dsc06314 それはバイクなどで不意に飛び石などが当たったりしても目を守り、紫外線なども他社とは比較にならないほどの高度なプロテクションを実現し、視界性もプロスポーツ選手が選択するなど・・・まさに世界最高のアイウェアメーカーといえる。

勉強会はアッという間に終わり、ポカポカ陽気の中をバイクでOAKLEYの偏光レンズ・アイウェアを着用し、改めて実感しながら帰路に着いた。

ココでは書ききれないほどのテクノロジーが詰まっているOAKLEYのアイウェア。
更に詳しいお話は店頭にてコーヒーでも飲みながらパワーポインター使ってお話しましょう!

「目」って大事ですね。唯一むき出しになっている臓器なのです。それを守る事は非常に難しく、大切な事なのだと実感する事が出来た。
目が疲れる人の理由なども、とても分かり易く、著名なメーカーをはじめ「サングラスなんてみんな同じじゃん!」って思ってたが、まさに覆させられるセミナーで、勉強になった一日だった。
これから紫外線や日差しが強くなる季節。是非最高のテクノロジーを手にとって見てください。それは長いお付き合いの始まりとなる事でしょう。

OAKLEY technologyはこちらにてご参照下さい。

|

« GREEN!GREEN! | トップページ | NEW TOTE BAG »