« APART in LAS VEGAS | トップページ | REAL MODS ITEM »

2008.10.02

October

10月がスタートしました。衣替えの季節ですね。まさに「過ごしやすい」季節の到来。でも「過ごしやすい」季節ほど実は衣服調整が難しいものです。朝晩は涼しいか肌寒いけど、日中は結構まだ暑い・温かい・・・それで結構着るモノに悩む時期でもあります。

夜寝る時も困りません?窓開けてると寒いし、閉めてるとちょっと暑いかなぁ~って感じでしょうか?そんな時に重宝する僕のお気に入りアイテムをご紹介しちゃいます!
Dsc04758 BURTON outlast FASTLAYER
見た目は普通の長袖TEEシャツですが、これが凄い!アウトラストはNASAでも採用された超・ハイテク素材。
Dsc04764 高温の環境下でも暑くなり過ぎないように、また、低温の環境下でも寒くなり過ぎないように、カラダの表面温度を調整して、快適な温度帯を得られるように機能する。
素材に組み込まれたミクロのカプセルがウェア内温度をコントロール。暑いときはカプセルの中のポリマーが身体の熱をグングン吸収しながら、素材自体の熱伝 導率を高めて素早く熱を外部に放出。寒いときはポリマーに蓄積された熱を発しながら、素材自体が熱伝導率を低くすることで、熱を外部に逃がさず保温。また、優れた吸汗・速乾機能が運動時の大量の汗を吸収・乾燥し、爽やかな環境を実現する。

ちょっと能書きが長くなりましたが、これで寝ると超快適です。
ホントはBURTONですので、スノーボードのインナーとして使用する目的ですが、真冬より今ぐらいの時期の方が街中では体温調整が難しいし、実感しやすい。
僕は最近毎晩コレで寝てます。サイコーです。

また日中でも大活躍!僕は人一倍汗かきの暑がりですが、実は今日お祖母ちゃんに呼ばれ午前中に畑仕事を・・・・気温25度の日当たり良好の畑で2時間ばかりでしたが、このアウトラスト着てましたが、さすがに額に汗は出ましたが腕まくりしたり、脱ぎたくなったりは全くなし。親父は昼食時にはランニングシャツ一枚で「暑かった~」と言ってましたが僕は平気でした。やはりこのアウトラストのおかげだと実感した今日一日。

こんな時期にこそ、是非!素材の中にカプセルなんて・・・でも洗濯しても当然問題なしです。普通のTシャツも良いけど、こんなハイテク素材をクールに着こなすのもオシャレです。それに耐久性も高いので、ワンシーズンでダメになるってこともないので、結構お得ではないかな~?と思います。

Burton
Outlast firstlayer
\5,775(in Tax)

興味のある方は、ウンチクの続き・・・下記↓をご参照くださいな~(笑)

涼しいだけ、温かいだけでは快適とは言えません。

人が快適と感じる衣服内気候は、肌の表面での数値として温度が32±1度、相対湿度が50±10%の場合であるといわれています。温度、湿度がこの領域か ら外れると、人は不快を感じます。歩く、止まる。登る、休む。スポーツの運動量は一定なものではありません。激しい運動は体温を上昇させ、休息している 時、汗により濡れた下着は体温を奪います。衣服内の温湿度はいつでも一定に保たれるものではなく、天候、気温など自然環境や人体の生理機能などの変化に 伴って変動しているのです。そのため、衣服内気候からみた快適な衣服とは自然環境条件や人の活動状況に応じて、熱や水分などを移動するような「調整機能」 を持つものということになります。
アウトラストインナーウェアはマイクロサーマル・カプセルの働きで、スポーツ時や日常生活でおこる様々な状況に 対応して、インタラクティブに温度調整。暑すぎず、寒すぎず、理想的な温度帯をキープしようとします。まさに、「肌にフィットするエアコン」、それがアウ トラストインナーウェアなのです。

ふ~疲れたでしょ?(笑)

|

« APART in LAS VEGAS | トップページ | REAL MODS ITEM »